高いはんこを探してみた

タイトルの通り、高いはんこというのが果たしてどれぐらいのものなのか気になってネット検索してみた。
ちなみに霊感商法のようなわかりづらい付加価値のあるものについては検索にひっかかっても今回はスルーすることにする。

やはり圧倒的に出てくる単語が「象牙」、そんな中でも最初に目にとまったサイトの中で高かったものははんこ自体が竜の彫像になっているもので約7万円・・・
まあ、なんとなくそれぐらいはあるんだろうな、と思ってた範囲だったのでさらに粘って探してみる、するとそのうち10万円を超えるはんこがみつかる、高級素材としてはよく知られている象牙のほかにも黒水牛、白水牛、本柘(ほんつげ、木材らしい)等があるらしい。さらに調べていくと、最近はチタン製の印鑑が普及しているという事実に辿り着く。

あらためて検索キーワードを「チタン印鑑」にして検索すると、最初に目にとまったサイトのチタン印鑑の値段は3~4万、チョット落胆していたところ、よ~くみるとありました!
「プレミアムゴールドチタン」「プリズムチタン」・・・響きだけで高そうだ(笑)・・・と喜び勇んで商品をクリックすると・・・あんまり値段は変わらなかった(苦笑)

最後に視点を変えて名人と呼ばれる職人が彫ったものであればきっと高いはんこがあるはず・・・と思って調べてみると、ついに「手彫印章伝統工芸士」という単語に出会い、そこには30万越えのはんこがあった。
こうやって調べてみると数十万とか百万越えで売られている「開運・・・」といったはんこが如何に高いものなのか再認識できた。
決してそのようなものを持つことが100%よくないことだとは言わないが、素材と人件費と いう要素に絞った場合の相場が上記のようなものであるということは分かっておいたほうがいいかもしれない。

*このサイトは現在準備中です